京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2011年05月31日

欠損法人割合72.8%!

国税庁によると、平成21年度(平成21年4月1日から平成22円3月31日までの間に終了)の法人数は261万7,064社で、欠損法人割合は72.8%(前年度は71.5%)となり、過去最高の値となったようです。


60分無料相談実施中です。
http://k-sks.net/
  


Posted by 起業プラス京都  at 12:02Comments(0)起業

2011年05月30日

休職の期間

休職期間は、それぞれの会社で自由に設定して構わないのですが、

勤続年数等で差をつけるのが一般的で、私傷病休職の場合で1ヶ月~

1年6ヶ月、事故休職は1ヶ月~3ヶ月、起訴休職、出向休職等は

事由消滅までとすることが多いようです。

休職事由がなくなれば休職期間中であっても復職できるのが一般的ですが、

更に休職が続くようであれば休職期間の延長、退職、解雇などとなる場合もあります。


ただいま、60分無料相談、助成金無料診断を行っています。

ご希望の方は、下記からお気軽にどうぞ!
 
http://k-sks.net/contact/index.html

  


Posted by 起業プラス京都  at 21:39Comments(0)労働保険

2011年05月24日

休職と就業規則の関係

休職については就業規則に定めるのが一般的です。

しかし、労働基準法では休職制度があるときは

就業規則等に明記すること以外は特に休職について

定められていませんので、内容については自由に

定めることは可能です。

ただし、休職期間は無給であると定めているのに、

実際に労働した場合は、就業規則に無給としてあっても

当たり前ですが賃金を支払う必要があります。


ただいま、60分無料相談、助成金無料診断を行っています。

ご希望の方は、下記からお気軽にどうぞ!
 
http://k-sks.net/contact/index.html




  


Posted by 起業プラス京都  at 20:43Comments(0)労働保険

2011年05月19日

休職中の賃金

従業員が休職する場合、様々な事業がありますが、

いずれの場合でも、従業員の個人的な事情に原因があるのが特長です。

従業員都合で休職するので、一般的には無給です。

ちなみに、会社都合での休職は「休職」とは言わず「休業」と言って

区別されます。休業であるならば無給というわけにはいきません。

労基法により、平均賃金の6割以上の休業手当を支払う必要があります。



ただいま、60分無料相談、助成金無料診断を行っています。

ご希望の方は、下記からお気軽にどうぞ!
 
http://k-sks.net/contact/index.html

  


Posted by 起業プラス京都  at 22:34Comments(0)労働保険

2011年05月17日

税務調査で是認通知を頂きました

先日、お客様の株式会社アール・エー・キュー様で6日間にわたる税務調査があり、指摘事項全くなしということで、税務署から「是認通知書」を頂きました。

株式会社アール・エー・キュー様の税務に対する強い意識と社会的責任の成果と思います。
http://www.raq.co.jp/zenin.html


60分相談無料です。
http://k-sks.net/

  


Posted by 起業プラス京都  at 09:34Comments(0)起業

2011年05月16日

休職の種類

休職を分類すると下記のようになります。

●私傷病休職・・・会社の業務上ではない事故やケガ、病気などで長期間休む場合
(事故欠勤休職)
●起訴休職・・・・従業員が刑事事件に起訴された場合の一定期間休む場合
●懲戒休職・・・・従業員が不正を働いた場合やその疑いがある場合で、自宅謹慎させる場合
●自己都合休職・・従業員が自己啓発や啓蒙を目的に、長期間の研修に参加したり、海外留学する場合


ただいま、60分無料相談、助成金無料診断を行っています。

ご希望の方は、下記からお気軽にどうぞ!
 
http://k-sks.net/contact/index.html



  


Posted by 起業プラス京都  at 20:19Comments(0)労働保険

2011年05月10日

休職とは?

休職とは、会社に在籍したまま長期間の労働義務が免除され、

かつ雇用契約はそのまま持続することをいいます。何らかの

理由により就業が不可能になったときに、就業規則などの定めに

より適用されます。


ただいま、60分無料相談、助成金無料診断を行っています。

ご希望の方は、下記からお気軽にどうぞ!
 
http://k-sks.net/contact/index.html

  


Posted by 起業プラス京都  at 20:04Comments(0)労働保険