京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2009年12月26日

法人化のデメリット⑥

株式会社の場合、役員の任期(最長で10年)があるため、任期ごとに登記する必要があり、登録免許税が必要になります。

これに対し、合同会社は、役員の任期の規定がないため、上記の手続きは必要ありません。

無料相談実施中です。お気軽にお問い合わせ下さい。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 14:46Comments(0)会社設立 京都

2009年12月25日

法人化のデメリット⑤

株式会社は、決算を官報等で公告する義務があります。

公告は、費用もかかります。

合同会社は、決算を公告する義務はありません。

詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 01:19Comments(0)会社設立 京都

2009年12月24日

法人化のデメリット④

法人の場合、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入する義務があります。

この社会保険料の1ヶ月の額は、おおよそ、月額給与×24%で、会社と役員・従業員が折半負担になります。

よって、給与が高いと、社会保険料の負担は大きくなります。

個人の場合は、定額の国民年金と最高限度額が決まっている国民健康保険になります。

法人化のご相談、お待ちしております。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 08:53Comments(0)会社設立 京都

2009年12月22日

法人化のデメリット③

法人(中小企業)の場合、交際費のうち一定額は損金に算入できません。

個人の場合は、全額必要経費になります。

詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://k-sks.net/
  


Posted by 起業プラス京都  at 23:47Comments(0)会社設立 京都

2009年12月21日

法人化のデメリット②

法人の場合、利益に対し、約30%の法人税等の税金がかかります。
さらに年間の利益が800万円をこえると、超える部分は約40%の法人税等がかかります。

個人の最低税率よりも高いです。

法人設立、法人成りのご相談は、お気軽にお問い合わせください。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 13:59Comments(0)会社設立 京都

2009年12月18日

法人化のデメリット①

法人は、赤字でも、毎期、法人住民税の均等割(主に年額7万円)を納付する必要があります。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 19:31Comments(0)会社設立 京都

2009年12月17日

一般法人の設立届

非営利型法人以外の一般法人は、法人設立後2月以内に、納税地の所轄税務署長に、「法人設立届出書」を提出することとされています。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 00:17Comments(0)会社設立 京都

2009年12月16日

一般法人の法人住民税均等割

一般法人は法人住民税均等割が課税されます。

道府県民税2万円、市町村民税5万円の最低税率が適用されます(地方税法52)

この点は、NPO法人とは違うところでしょうか。

設立の相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 00:21Comments(0)会社設立 京都

2009年12月15日

一般社団法人の設立費用

一般社団法人の設立登記にかかる登録免許税は6万円です。

株式会社より安く設立できます。

なお、一般法人の印紙税は非課税です。

会社設立を検討されている方は、ご検討されてはいかがでしょうか。

ご相談はこちらまでお問い合わせください。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 08:50Comments(0)会社設立 京都

2009年12月14日

宝くじの税金

http://k-sks.net/

今日、京都駅で年末じゃんぼ宝くじを買いました。

今回は、すべてバラで買いました。

ところで、宝くじが当たった場合の税金ですが、宝くじの当選金には税金がかかりません。

300円しか当たったことがないので、そんな心配をする必要もないですが…。  


Posted by 起業プラス京都  at 00:17Comments(0)起業

2009年12月12日

年末調整では控除できない!?②

http://k-sks.net/



「住宅借入金等特別控除」は、住宅を取得等した年分については、確定申告する必要があります。



2年目からは年末調整で控除できます。



ご注意下さい。
  


Posted by 起業プラス京都  at 19:38Comments(0)会社設立 京都

2009年12月12日

年末調整では控除できない!?②

http://k-sks.net/



「住宅借入金等特別控除」は、住宅を取得等した年分については、確定申告する必要があります。



2年目からは年末調整で控除できます。



ご注意下さい。
  


Posted by 起業プラス京都  at 19:37Comments(0)

2009年12月11日

年末調整では控除できない!?

http://k-sks.net/



今年も年末調整の時期となりましたが、「雑損控除」「医療費控除」「寄付金控除」は年末調整では控除できず、確定申告する必要があります。



生命保険等の控除証明書と一緒に、病院の領収書を提出される方が多いですが、

ご注意ください。
  


Posted by 起業プラス京都  at 09:14Comments(0)会社設立 京都

2009年12月10日

一般法人の区分の異動

http://k-sks.net/


「非営利型法人以外の一般法人」が「非営利型法人」になった場合、非営利型法人の要件のすべてに該当した日の前後において、事業年度を2つに区分し、区分された事業年度ごとに、終了の日の翌日から2ヶ月以内に確定申告をする必要があります。



このとき、税務署長に、「異動届出書」を提出する必要があります。(課税所得の範囲の変更)
  


Posted by 起業プラス京都  at 09:13Comments(0)会社設立 京都

2009年12月09日

収益事業?!

一般法人のうち、非営利型法人は、収益事業にのみ法人税が課税されますが、収益事業の範囲は、法人税法施行令5で定められた34事業をいいます。


http://k-sks.net/kyoto/index.html  


Posted by 起業プラス京都  at 00:27Comments(0)会社設立 京都

2009年12月08日

太陽光発電の買取収入の課税!?

http://k-sks.net/



太陽光発電から生じる余剰電力は、電力会社が買取る太陽光発電の買取制度が注目をあびていますが、この収入は、一般のサラリーマンの場合、原則として「雑取得」に該当します。



個人事業者の事業資産から生じる収入は、原則として「事業所得」に該当します。



http://k-sks.net/contact/index.html
  


Posted by 起業プラス京都  at 00:28Comments(0)会社設立 京都

2009年12月07日

レーシック手術で税金還付?!

http://k-sks.net/

視力回復のレーシック手術が流行っているようですが、このレーシック手術に係る費用は、所得税の医療費控除の対象となります。

これに対し、眼鏡やコンタクトレンズの購入費用は、原則として、医療費控除の対象となりません。

  


Posted by 起業プラス京都  at 17:06Comments(0)会社設立 京都

2009年12月05日

一般社団・財団法人の法人税?

http://k-sks.net/

一般法人は、下記の2つに区分され、下記のように、法人税の課税範囲が異なります。



①非営利型法人…収益事業のみ



②非営利型法人以外の法人…全所得(法人税法上、普通法人として取り扱われます)



  


Posted by 起業プラス京都  at 14:59Comments(0)会社設立 京都

2009年12月04日

エコカー補助金の課税?②

個人事業者やサラリーマン等がエコカー補助金を受けた場合、「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」を添付して確定申告すると、補助金は総収入金額に算入されず、課税されませんん。



詳しくはお問い合わせください。



http://k-sks.net/kyoto/index.html

  


Posted by 起業プラス京都  at 18:22Comments(0)会社設立 京都

2009年12月03日

エコカー補助金は課税される!?

車を購入すると、補助金をもらえるエコカー補助金制度は有名ですが、
サラリーマンがもらうこの補助金は「一時所得」に該当します。

一時所得の金額の計算上、特別控除額50万円があるため、補助金の額が50万円に満たないときは、一時所得の金額は生じないので、課税もされません。

ただし、他の一時所得もある場合は、課税されるかもしれませんので、注意が必要です。

詳しくは、お問い合わせください。

http://k-sks.net/  


Posted by 起業プラス京都  at 14:47Comments(0)会社設立 京都